« December 5, 2008 | Main | January 8, 2009 »

December 31, 2008

コミケ75

 28日晩にわりと満身創痍で深夜バスに乗り込んで、落として入れておいたkumomadori radioの3回目を自分の投稿を読まれるのをニヤニヤしながら聞きながら浅い眠りについて、翌6時ごろ品川着。

 ついたバスターミナルでコンタクトつけようと、容器あけると片方ないあたりでテンション急落。なんとなく予備でもってた使い捨てのほうを片目につけて(メガネは度が弱いんで迅速な判断を要求される会場ではしんどい)、いざ国際展示場前へ。だいたいついたの8時前で東方界隈から回ろうと踏んでたので、西の待機列に。そこそこ暖かいという事前の天気予報でちょっと舐めてた(あと元から割りと寒さには強い)んだけれどもさすがに動かないわけでやや寒いなあと思いながら、未読だった『ハロー、グッバイ』を黙々と読む。菜々かわいいよ菜々。ちょっとそこら辺のくだりは目頭が熱くなったので、じっくり読まない事にする。

 だいたい10時40分ぐらい入場、とりあえずはダイオキシン、夏コミん時以上の\すげえ/行列。わりと1時間ぐらい捕まる。その後東方界隈のプライマリサークルだけばばばっと回って(ウモ屋の列が長かったので驚いて後回し)、西のゲーム近辺にある巣鴨の人のサークルに顔出して、同僚の人となぜか名刺交換して東のマリみてゾーンへ。だいたい1時過ぎぐらい。おおまかの頼まれ物を華麗にこなして、るかさんとこ行ったら軒並み完売してて、やっぱちょっと神がかって来てるのがひしひしと。

 会場で会う約束をしていた某版元のTさんと合流して音楽系をつらつらと、コスプレゾーンにいる版元の方とか紹介されつつ、『使いにくい効果音シリーズ』という素敵すぎる同人CDを紹介してもらい、以後これを2日間人にみせまくる。そのまま3時ごろ会場を抜けて、Tさんと一緒に西荻窪→よるのひるね(貸切日だったのに無理矢理押しかけてすみません門田さん)→阿佐ヶ谷のモツ煮込み屋とひたすら熱すぎる漫画の話、ことごとくベクトルが合うのでいやもう困るぐらい楽しかった。

 ここでTさんが吉祥寺で行われてる某スタジオの忘年会に顔出すので一緒に行きませんか?と言われて身の程わきまえずにとりあえずふらふら着いていったら、アニメとテクノの虹をかけた方がいるじゃありませんか!そんなこんなでテクノ話をいろいろと伺ったりしてもう大変な精神状態。たけなわ状態の会場で勝手に割って入って夢中で話してすみませんもう。帰りの電車では制作の人とか現場の人とアニメ界隈の話が出来てもう大満足。

 巣鴨に10時頃帰着、この時もうあんまり声が出てないことに気づく。名刺を見せびらかして倒れるように寝る。翌朝6時起床のつもりがやっぱちょっと響いて7時起床。巣鴨の人にまた来年とつげて会場に。先についてた(珍しい)あるべとその学生時代の友達キャプテンに挨拶をしつつ黙々と準備。なぜなら声が完全に出てなかったので。届いてた新刊を確認して。ディスプレイして、あとはいつもどおりあるべ売り子におきざりで買い物スタート。

 「新刊一部」という短い発声さえマズかったので、新刊指さしてそのままひとさし指を立てるポーズでわりと乗り切る。一通り落ち着いたあたりで戻るとだいたいタイミングよく知人と会えたので(会えなかった方々はすみません)色々話をしつつも、完全に口パク状態なのでいらん心配をかけたりそうでもなかったり。4時終了でそのまま東京駅にあるべ&バハハイサポートメンバーのピエールと東京駅に向かったら新幹線が止まってます的いわゆる混乱。ただ人の多さに関してはさっきいた会場と大差ないので、ああ2時間ぐらい遅れるのかーみたいな。適当に飯食ったりしつつ、95分遅れたひかり号で帰着。

 そんな年末でした。相変わらず楽しかった。あと色々とその漫画に対して自分のやるべき事が見えてきたので非常に大事な上京になったんではないかとかそんな感じで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 5, 2008 | Main | January 8, 2009 »